プロフィール

bellskippers

Author:bellskippers
同志社大学ハンドベル・クワイア部
「ベルスキッパーズ」です☆

病院や福祉施設などへの慰問演奏・結婚式での演奏・各種クリスマスイベントへの出演など、幅広く活動を行っています。
ご依頼の際は、メンバーの日程調整などもありますので、早めにご連絡くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ハンドベルの簡単なご紹介、日々の練習日誌、旅行記、部員のおすすめミュージックなどを、部員全員でリレーして書いていこうと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
京都学生祭典で演奏してきました☆
みなさんこんにちはお久しぶりです本日は、まり坊せんぱいにいつもいつもお世話になりっぱなしの後輩、*hiroco*が書かせていただきます(脱・ブログ幽霊~笑)
心の優しい方は、決して「ん?誰?」とか言わないで下さい
(字、ちょっと秋色にしてみました)
たしかに、ブログではとっても無沙汰してる、だめだめ部員ですが・・・
ここにはめっきり姿を見せなかったケド、ハンドベル部にはまだまだしっかりと残って(・・・とゆうか、)ちゃっかりと居座っていましたイエーイ、ふふふ
(でも、私もはや3回生になってしまいました・・・前回書いたのってもしかしたらもしかしたら1回生のときかも・・・ぞぞっ
まあ、そんなわけで、今日はいつものまり坊せんぱいに代わりまして、超ひさしぶりにコンサートのリポートをいたしま~す
それにしても・・・私が書くのもむちゃくちゃご無沙汰だけど・・・
このブログ自体・・・更新、滞りスギッッ・・・っですね

ハイでは例によって例のごとく長ーーい前置きはこのへんにして(笑)
レポそろそろ行っちゃいましょう

本日は京都の学生なら誰でも知ってる(?)うわさの京都学生祭典なるもので、ちょちょっと演奏をさせてもらってきました
場所は平安神宮近くの、岡崎公園内にある「岡崎グラウンド」なる場所だったのですが、岡崎公園、広い
もう平安神宮の周り一体が学生祭典の会場だったんですね
出店もいっぱいでにぎやかまずはそれに驚いたのでした

今日はとても良いお天気ベルの演奏にはピッタリ
最高のベル日和でございました
ベルの音色も冴えわたる・・・?
(まあ、屋外ってホントはちょっと、大変なんですケドね
対策しておかないと、お風ビュンビュンで楽譜が飛んぢゃうのです、およよ・・・
でも、今日はばっちりでした
(風吹き対策、かんぺきだったので

さて、今日の気になる演奏曲はこんな感じでした
1. アメージング・グレイス arranged by Kazuko Okamoto
2. Joy to the World(「諸人こぞりて」) arranged by BARBARA B. KINYON
3. Angels We Have Heard On High(「荒野の果てに」) arranged by Anna Laura Page
4. Over the Rainbow(「虹の彼方に」ーミュージカル『オズの魔法使い』より) Music by Harold Arlen, arranged by Sandra Edwards - Hill

で、肝心の演奏の方はというと、さまざまな工夫が実に生かされてたと思います
(さっきも書いたように、風君対策とか
ベルで止めつつ、私は、「われらの愛すべきハンドベル部のお嬢様こと「ベル部のおしゃれリーダー」=「にゃんにゃ姫」に借してもらった可愛らしいピアスをぶすっっと挿して、楽譜をマットにとめちゃいましたいやん、無敵スギ
そんなにゃんにゃ姫が、一曲が終わるごとに、転換時のMCをして活躍してくれて、
見事に場もつなげさすがはにゃんにゃ姫
周囲のオヂサンたちは、めろめろでした
ナイスにゃんにゃサン
お客さんは、そんな感じでオジサマとオバサマが多かったのですが
(まあ、イートインスペースだったしね
皆さん楽しんでくださったようで、ほんとうによかったです
ハンドベルの音色って、やっぱりなんだか素敵

人と人がこうして、世代を超えて、心いやされること
そして、心通わせ合うしあわせを感じること
そんな奇跡を味わうことができちゃうんですもの・・・
だから、お客さんがこんなに近くて、今日のようにスグお話できちゃうような距離でできるなら、
晴れた空の下
でやるのも、なかなか良いものですね
私もちょっと走っちゃったような気もした部分もありましたが、本当に、良い演奏でした
聞いてくださる皆さんとの温かな心の通い合いを感じながら、
仲間みんなで楽しく弾けること
それが何よりもしあわせな、ベル(や、もしかしたら神様)がくれる一番の贈り物と言ったところでしょうか??

演奏後、オジサンはもちろん、若い女性の方も話しかけてくれました
なんでも、聖母女学院という京都にある大学のハンドベル部の方だそうで、
少人数でなかなか大変ということで、私たちと似た状況なので、話しかけて下さったようでした
これも何かの縁
と思い、同志社の12月のコンサートにぜひ来てくださいとゆうお話をしましたせっかくの出会い、これからも何かつながっていけたらな、と思います来てくれるといいな・・・

そういえば、人の縁というのは奇なものというエピソードが、今日は初めにもありました。
岡崎公園まで行くときに来てくれたタクシーのおじさんが、去年の読売テレビのときに運転・送迎をしてくれた人だったようです
世界は小さいのでしょうか?それとも、ハンドベルとゆう楽器の天使のように素敵な音色が、このような素敵な人たちとを呼び寄せてくれるのでしょうか
なんにしても、今日聞いて下さった方々に感謝の気持ちを込めて、この場でお礼を言いたいですそして、今日の小さくてもミラクルな出会いを、これからいっぱい、つないで、結んで、大きく育てて行きたいななんて思いました

皆さん、本当におつかれさまでした
今日は、実り多き秋となりましたよね
それもみ~んな、私たちの可愛くて美しい、ベルのお・か・げ
これからも、ベルを大切に、美しいメロディーと音楽を大切に、
そしてベルを通して出逢う、たくさんの出会いや、私たち少ない仲間ですが、それゆえにかけがえのない仲間の絆を、今後もっともっとたいせつにしてゆきましょう


思っていたより長くなりましたが、
以上で、10月12日 日曜日 12時 学生祭典での演奏 にかんするレポートをおしまいとさせていただきます。

来てくださった方、読んでくださった方、演奏してくれたみんな、皆さま、本当に、ありがとうございました

                                                *hiroco*
スポンサーサイト
【2008/10/12 21:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
ちゆみ先輩の結婚式のご報告☆
皆様ご機嫌よう☆
テストやらなにやらで更新が滞っていて申し訳ないです(>_<)

えっと、結婚式の話をしようと思います。
さる2008年1月12日(土曜日)、ちゆみ先輩のご結婚式のお祝いパーティーで、ハンドベルを振ってきたので、忘れないうちにそのご報告をしようと思います。



こちらの可愛らしい方がちゆみ先輩です
IMG_1923.jpg

2005年3月に同志社大学ハンドベル部を卒業された先輩です。とっても愉快なひとです



演奏曲目
SMAPの「らいおんハート」
ディズニーより アラジン 「ホール・ニュー・ワールド」そして、ご夫婦ともに同志社卒ということで、お二人のためだけの特別アンコールとして
「同志社カレッジソング」 笑
を、ハンドベルで演奏しましたIMG_1920.jpg



IMG_1887.jpg

左から、ふみ先輩、なおこ先輩、ちあき先輩、あきな先輩、なっちゃん先輩、私とともちゃん先輩です
ふみ先輩とともちゃん先輩は、はるばる山口から岡山から来てくれはりました
また、結婚式の企画をひっぱってくれていたのが、なおこ先輩。
率先して編曲して下さり、音楽的知識に基く的確なアドバイスをくれたちあき先輩。
練習も本番も超盛り上げてくださったあきな先輩
相変わらずキラキラと、ふわっとベルを奏でるなっちゃん先輩、(てれやさん

素敵な先輩方に囲まれて、とっても貴重な経験でした☆☆
IMG_1909.jpg








以下は、あたしの私論になりますが、
ハンドベルって、基本的に、
人の幸せとともにあるべき楽器だと、思うのですね。
クリスマスとか結婚式が似合う楽器なのもそのせい。




ハンドベルって、その鳴らし方は様々ながら、どう頑張っても1つのベルで1つの音しか鳴らない楽器じゃないですか。
(ピアノだったら、ピアノ1台で、どのオクターブのドレミファソラシドも鳴らせるのに!)





そして、人間は、大抵の場合、生まれつき神様から与えられた手は2本しかない。
その2本の手では、どんなに頑張っても2つか4つの音しか鳴らせない。





でも、ハンドベルは、協力して分担できる楽器だから。
そして、人間は、協力して分担することの出来るできる生きものだから。
7人居たら、頑張ってベルを組み替えたり交代しながら、21音必要な、「らいおんハート」も、「ホール・ニュー・ワールド」も、勿論カレッジソングも演奏できる。




演奏がうまくいったときの喜びは、7倍×聴いてくださるお客様の満足指数∞。
演奏がもしうまくいかなくても、苦しいことは7分の1。




これって、すっごく素敵なことだと、思うのです。




とりあえず、結婚式のお祝いパーティーっていう、人の幸せが沢山集まる場所で、人の幸せとともにあるべき楽器が演奏出来て、あたしは幸せでした




ご結婚のお祝いパーティーしょっと
IMG_1897.jpg

ケーキ入刀です
おいしかったですー




IMG_1899.jpg

「はい、あーん
甘いあまいケーキと新郎新婦です。ごちそうさまです(笑)





IMG_1910.jpg

「ブーケひっぱりっこ」です。
あたしはブーケは頂きませんでしたが、帰りがけにお花を頂いて幸せでした





IMG_1914.jpg

「どうぞ末永くお幸せに



さてさて、次はちあき先輩のご結婚式との噂で持ちきりです




まり坊でした。

テーマ:メイプルストーリー - ジャンル:日記

【2008/01/29 02:16】 | 今週の練習日誌 | トラックバック(0) | コメント(2)
読売テレビ50年記念 ウキキのハンドベルコンサート
読売テレビ開局50年記念イベント
ウキキdeクリスマス
「ウキキのハンドベルコンサート」





それは、私のメールアドレスに届いた1通のメールから始まりました。
それは、読売テレビの広報宣伝部のひとからのもので、来月の22日~24日頃に大阪・京橋にある「よみうりテレビ本社周辺」で、ハンドベルの小さな演奏会を開いていただけないかという相談の内容のメール。




このメールの送信者は、このブログをみて私に連絡してきたみたいでした。
正直な第一印象は、「よくこんな更新が半年ぐらい滞ってる(当時の)ブログみて連絡する気になったな…」でした。(笑)





メールと電話で数回やり取りした後、連絡してきてくれた広報宣伝部のかたは、同志社出身のかたで、それでハンドベル部を思い出してくれたことが判明。
このやりとりを通して「なんで天下の読売テレビがうちの弱小クラブに連絡してきてくれたんだろう」的怪しさは払拭されました。
(実はそれまでは本当にあの大手の読売テレビかどうかそんな根本的なところからめっちゃ怪しんでたなんてそんなことは秘密です






その後、読売テレビ広報宣伝部のかた・読売テレビが主催するイベント本体の企画を担当してくれたボザール株式会社の担当のかたを交えたミーティングを、2回ほど京都グランヴィアホテルで行いました。





はじめは、実はきちんと丁寧にお断りする予定でした。
日程的に参加出来ないメンバーも多いのはわかっていたし、練習時において「こんな依頼が来たよ」って言ったら、その場に居た皆恐縮してしまい、
「恥ずかしいから止めよう」感溢れる回答が次々返ってきたからです。(笑)





その企画が実現したのは、上述した読売テレビ広報宣伝部のかた・ボザール株式会社・関係者のかた全員のにこやかかつ丁寧な対応と、
「読売テレビの企画、人数少なくてもなんとかなるから断らないで」と熱心に言ってくれた2008年代表でした。





23日・24日に集まれるメンバーは私・れいかちゃん・2008年代表、という3人。
さすがにこれでは人数的に不可能、ということもあり、読売テレビのかたが、読売テレビ開局50年記念キャラクター「ウキキ」のほかにも、ウキキボーイ&ガール、ウキキのお友達、ウキキ広告関係者のかたなど、当日のコンサートに参加出来るウキキのお友達を募ってくれました。
勿論ハンドベルをはじめて触るという方がほとんど。
不安になりながら、12月17日(月)と、19日(水)に、それぞれ京都と大阪で練習をすることになりました。






意外と出来るもんなんですね。
というのが正直な感想。
(グランヴィアホテルでの事前打ち合わせで、「初心者でも練習したら出来ますよー♪」と太鼓判を押した私ではありますが、それはまあ、ハンドベル部代表としての謙遜というかなんというかそんな類のものだったんです。)






17日(月)にはじめてハンドベルを触ったというウキキ・ウキキのお友達たちは、23日(日)の午前の練習を終えたあとは、立派にハンドベル奏者として、以下の演奏をして下さいました。
ウキキdeクリスマス「ウキキのハンドベルコンサート」のプログラムは以下の通りです。

1.Amazing Grace
2. きよしこの夜
3.We wish You a Merry Christmas
4.Simple Gifts
5. Jingle Bells





23日はタクシーで同志社→大阪京橋にある読売テレビまでベルとともに移動。
その後、ウキキのお友達たちと一緒に控え室で猛練習
です
控え室にて練習中!



一方であたしは、コンサートのステージで打ち合わせです。てきぱきとした大人や、麗しい吉田奈央アナウンサーの隣で超絶てんぱってます。
てんぱりすぎ



楽屋にて。ウキキと仲良しです。衣装がなんか聖歌隊っぽいところが面白いですね(笑)
ウキキと一緒にこれから本番!



本マグロをめぐって争っているわけではなく、ただじゃれてるだけですよ。多分。
ウキキ対2008年代表の闘い






いずみホールのロビーで、ウキキのお友達たちと一緒に演奏しました。
いずみホールロビーにて




次は場所を変えて、読売テレビエントランス付近での演奏です。本番に備えて、着替えてサウンドチェックをしています。

SC(サウンドチェック)!

読売テレビエントランス↓。左下に見えるのは名探偵コナン君。
コナン君の行くところ居るところ、常に事件が起こるようですが、今回のコンサートでは彼が活躍してしまうような大きな事件が無くて、本当に良かったです。(笑)

お昼のytvエントランス前




いよいよコンサートが始まりました。いたずらウキキの本領発揮です。(笑)
いたずらウキキ




いつもははずかしがり屋なくせにいたずらばかりするウキキみたいですが、ハンドベルを演奏する姿は必死そのものです。
必死ウキキ




時間帯を変えて、夜もここでコンサートを行いました。お昼とは違う、幻想的な雰囲気が漂っています。後ろにそびえるウキキのクリスマスツリー、本当に綺麗
ytvエントランス夜ver.





23日は、4回公演行いました。ベルスキッパーズの面々はじめ、ウキキのお友達や吉田アナウンサー、関係者各位、お世話になりました。 明日もがんばろうね!
1日目終了おつかれさま☆







12月24日、いよいよクリスマスイブ。この日も場所を変えて、2回のコンサートを行いました。
ここはツイン21タワービル。お洒落なお買い物施設です。予想以上のお客さまが着て下さって、すごく嬉しかったです
ツイン21タワービル

緊張??(笑)
ツイン21タワービルにて

このコンサートのうち、
4.Simple Giftsだけは、同志社大学ハンドベル部「ベルスキッパーズ」メンバーだけの演奏でした。23・24日だけ特別に入部してくださった、同志社大学文学部卒・幸地先輩と一緒に楽しく演奏させて頂きました
同志社大学「ベルスキッパーズ」特別メンバー(笑)





いよいよコンサートも最後です。千秋楽直前のサウンドチェックにも力が入ります。

IMPホール練習



千秋楽です。最後です。
「ウキキの好きなものは、みかんです。」
ウキキボーイのあまりにもナチュラルな返答ぶりに、れいかちゃんは
「がっかり」したそうです。
れいかちゃんは、心のそこから「ウキキボーイの好きなものは、紅しょうがです」の無茶振りを期待していたのでしょうか。 
れいかちゃんを満足させるためには笑いのレベルが相当高くないといけないみたいです。
…はい、以後、あたしは気をつけます。(笑)

こんなふざけたやりとりもあったけれど、実は、この最後のコンサートが一番よく出来た演奏だった、とウキキのお友達が言っていました。
ウキキボーイ無茶ぶり




・2日間で6回コンサートする
・クリスマスを読売テレビで過ごす
・ハンドベルさわったこと無い人たちと一緒に1週間で4曲ないし5曲完成させる

など、今までに無かった経験をさせていただきました。
この企画を実行にうつして下さった読売テレビの皆様、具体的にいろいろ準備してくださったボザール株式会社の皆様、一緒に演奏してくださった博報堂株式会社のみなさま、関係者各位、特に、実際になって演奏をひっぱっていってくれたベルスキッパーズの皆、
本当に有難う!ございました!





最後にベルスキッパーズの皆で写真撮りました。読売テレビで打ち上げ会をして頂いて、さらにそのうえプレゼント(ウキキのブランケットとカレンダー☆)と大量のお菓子と飲み物を頂きました。サンタさんって本当に居るんですね。
この企画に関係してくださった皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。有難うございました。
サンタさんは本当にいた





コンサートが全て終わって、落ち着いた気持ちで観るイルミネーション、
本当に綺麗でした。

読売テレビイルミネーション


テーマ:d(*`・∀・)b よっしゃぁっ!! - ジャンル:日記

【2007/12/25 14:14】 | 2007クリスマスイベント | トラックバック(0) | コメント(2)
2007同志社クリスマスキャンドルライトサービス
皆様ごきげんよう。
ここ毎日ベル振ってる気がするまり坊です☆
2007年12月22日に、同志社Christmas candle Light Service(通称CLS)礼拝が行われました。
その様子を振り返ってみようと思います。





CLSは、キャンドルの灯を持った同志社の高校・大学の聖歌隊が集って賛美歌を歌い、クリスマスの喜びを皆で分かち合う行事です。
実行副委員長によると、ハンドベル部がこのCLSに参加するのは、実に5年振りとのことです。
…そんな事言われると張り切っちゃいます!(笑)





この礼拝が行われたのは、同志社女子大学今出川キャンパスの敷地内にある、栄光館ファウラー・チャペル(1932年築、国の重要文化財)です。
京都市役所を建築した武田五一さんの作品の1つです。たいていの学部の4回生の卒業式はここで行われます。そしてたいていの同志社生は、卒業式ではじめてこの栄光館の存在を知るみたいです。(笑)
アメリカのファウラー家の寄付によって作られた礼拝堂が、かつてはアメリカと戦う学徒出陣の舞台にもなったこともあり、平和のありがたさを改めて感じますね。
そんなことを考えていると、「めさめてたたえまつれ」の音楽とともに、同志社の聖歌隊が続々と入堂してきます。
聖歌隊入堂






演奏曲目は、おなじみ「Simple Gifts」です。落ち着いて演奏することが出来ました。
(右下のほうにうつってるのがベルです。)
CLS舞台








これは同志社女子高校の聖歌隊かな?
「あらののはてに」の、同志社全聖歌隊によるグロリア輪唱部分、360度からコーラスが響いて、
もう、うっとり(笑)
女子高校聖歌隊?








礼拝終了・退堂まで、幻想的な雰囲気につつまれていました。
実行委員のみなさま・聖歌隊のみなさま・関係者各位、
ほんとうにおつかれさまでした!
聖歌隊退堂






しかし、生憎この日は朝から続くしとしと雨の冷たい日。
礼拝の後は、
ベルを積んだ台車を押す2008年代表と、
2008年代表のための傘と自分のための傘を持つひろこちゃん、
台車の上のベル・マットのバランスを整えるけーちゃん、
みんなの荷物をもつあたし、
という護送船団方式(笑)でベルをボックスまで戻しましたとさ。
護送船団方式(笑)


テーマ:d(*`・∀・)b よっしゃぁっ!! - ジャンル:日記

【2007/12/25 11:41】 | 2007クリスマスイベント | トラックバック(0) | コメント(1)
テレラジCORE
12月14日(金)に、ローム記念館コアスタッフ主催のイベント、「テレラジCOREスペシャル」に出演しました。このイベントは、ローム記念館で、音楽団体の演奏があったり、コアスタッフが製作したクリスマスドラマが放映されたり、といったような内容のものです。
演奏した曲は、「Amazing Grace」と「Simple Gifts」です。「Amazing Grace」は、あまり考えないで選んだのですが、やってみると、とてもいい曲だと思いました。特に後半の高音部が鳴り響く所がとても綺麗だと感じました。また、この曲では、主旋律が低音部にもあるので、音を同じ強さにするためにベルを途中で持ち直したりしました。だから思っていたより大変でしたが、その分楽しかったです。この曲にして良かったと思いました。「Simple Gifts」は、いい曲だし少人数でできる、ということでよく演奏されています。個人的にも大好きな曲です。このイベントでも、やはりやることになりました。
イベントでは、2人の司会の人の話がとても上手で面白かったです。観客は相当少なかったのですが、この2人が盛り上げてくれたので、寂しくはありませんでした。演奏が終わると、この司会者がインタビューをしてきてくれたりもしました。また、親子で見に来てくれていた人もいました。その親子も司会者にいくつか質問されていて、その時に、演奏をとてもよく言ってくれたので、うれしかったです。そんな感じの素敵なイベントでした。

【2007/12/17 12:53】 | 2007クリスマスイベント | トラックバック(0) | コメント(4)
| ホーム | 次ページ
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。